乳幼児 便秘

乳幼児の便秘で困るのは、気軽にお薬を使ったりできないことで、マッサージをして様子を見ている
お母さんも多いと思います。

 

乳幼児の腸の中は、大人と異なり善玉菌でいっぱいなのですが、この腸の中の状態が良くないと
便秘になる事があります。

 

便秘の対処で良く出るのが、おなかが緩くなるように水分を増やすとか、食物繊維を取るとか、
乳酸菌・オリゴ糖などの腸にやさしいものを摂取するというのがあります。

 

乳幼児の場合は、水分を取りすぎたり食物繊維を取ったりというのが難しいですが、オリゴ糖の摂取
というのは、人気があるようです。

 

オリゴ糖は、腸内の善玉菌を増やす効果があることを期待されているので、摂取することで腸内環境を
改善していくことを狙って取り入れられているようです。

 

オリゴ糖といっても、善玉菌が好んで食べるオリゴ糖と善玉菌も悪玉菌も食べるオリゴ糖が
あるそうなんですが、リンゴなどのオリゴ糖は、善玉菌のみなので善玉菌が増殖し、お通じも
良くなると言われています。